Inventory

MARTIN OO-18  FRONT
MARTIN OO-18  FRONT
MARTIN OO-18  BACK
MARTIN OO-18  1
MARTIN OO-18  2
MARTIN OO-18  3
MARTIN OO-18  4
MARTIN OO-18  5
MARTIN OO-18  6
MARTIN OO-18  7
MARTIN OO-18  8
MARTIN OO-18  CASE
on hold

MARTINOO-18

1947

¥550,000 (税込:¥594,000)

CONDITION VG+++
TOP: Sitka Spruce
SIDE&BACK: Mahogany
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Brazilian Rosewood (Original)
BRIDGE: Brazilian Rosewood (Original)
TRIM: Black and White Cell / Tortoise
PICK GUARD COLOR: Tortoise (Original)
POSITION MARK: Dots
TUNER: Kluson/ Open-Gear / Nickel (Original)
BRACING: Non Scalloped-X
NUT WIDTH: 42mm
SCALE: 632mm
OTHERS 1: T-Bar Neck Rod
OTHERS 2: Long Saddle
OTHERS 3: Made In U.S.A

商品詳細

 1947年製 MARTIN OO-18 が入荷致しました。マーティン社の記録によるとOOサイズの第一号(OO-33というモデルでデザイン・仕様は不明)が売られたのは1877年にまで遡ります。正式にカタログにラインナップされたのは1898年と歴史のあるモデルで、OO-18はスティーヴ・ハウ(YES)、レニー・クラヴィッツをはじめ、多くの人々に愛されている人気のロングセラーギターとして知られております。
 本ギターは戦後間もない47年に600台製作されたうちの一台で、抱え易いことで近年非常に人気の高いサイズになっている貴重な逸品です。製作から70年以上の長い歳月に加え、百戦錬磨の如く使い込まれた深いサウンド。枯れておりながらも明瞭な音色でよく鳴っており、胴全体で響いております。マホガニーの良さが最大限に引き出されているヴィンテージサウンドに仕上がっております。派手な装飾はございませんが素朴な外観と弾きキズが相俟って、より渋いオールドギターの雰囲気を深めておりその存在感はまた格別。時の流れにより培われた円熟のマホガニーサウンドを存分にご堪能して頂けることでしょう。
 フレット及びサドルの高さにも十分余裕があり、ネック・コンディションも良好です。指板はオリジナルですがあとから下に足されており、その他側・裏板のリフィニッシュ及びブリッジにも塗装が施されております。ピックガードはオリジナルですが、マーティンクラック補修跡有り。サウンドホールや表板の弾き削れが見られ使用感はございますが、エンドピンジャック加工跡やネックヒールへのストラップピン装着、その他クラックはございません。オリジナル・チューナー、ピックガード、ブリッジ、フィンガーボード。近年式純正ハードケースが付属致します。
 枯れた味わい深い最高峰マホガニーサウンド。弾き込まれたおすすめの名器です。