Inventory

MARTIN O-21 FRONT
MARTIN O-21 FRONT
MARTIN O-21 BACK
MARTIN O-21 1
MARTIN O-21 2
MARTIN O-21 3
MARTIN O-21 4
MARTIN O-21 5
MARTIN O-21 6
MARTIN O-21 7
MARTIN O-21 8
MARTIN O-21 CASE
on hold

MARTINO-21

1947

¥600,000 (税込:¥648,000)

CONDITION VG+++
TOP: Sitka Spruce
SIDE&BACK: Brazilian Rosewood
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Ebony (Original)
BRIDGE: Ebony (Original)
TRIM: Herringbone
ROSSETTE: Herringbone
PICK GUARD COLOR: Tortoise (Original)
POSITION MARK: Diamond / Square
TUNER: Open-Gear / Side-Mount (Original)
BRACING: Non Scalloped-X
NUT WIDTH: 47.5mm
SCALE: 632mm
OTHERS 1: 12 Fret Joint / Slotted Head
OTHERS 2: T-Bar Neck Rod / Lacquer Finish
OTHERS 3: Made In U.S.A

商品詳細

 1947年製 MARTIN O-21 が入荷致しました。O(シングル・オー)サイズはマーティンの中でも最も古くからあるサイズの一つで、その一号器は1854年まで遡ることができる歴史のあるモデルです。スタイル21は1860年代により製作が開始され、中でもO-21は1890年代にラインナップされ、48年で製造が終了したことでも知られております。
 本ギターは1947年に48台製作されたうちの一台で、プレイヤーズコンディションによる鳴りの良い逸品です。ヴィンテージ市場において流通も少なく、貴重な価値あるギターと言えるでしょう。表板にシトカ・スプルース、側・裏板にハカランダ、及びネックにはマホガニーと、今現在では入手困難な最高級材が使用されており、伝統的12フレット・ジョイント/スロテッドヘッド、ノンスキャロップド・Xブレーシング仕様となっている点が特徴になります。ボディーサイズは小振りながら材と仕様、製作から70年を経過した長い歳月が見事に融合したハカランダサウンドはまさに別格。低音が豊かに膨らみ、澄んだ高音域が綺麗に響きわたっております。透明感と広がる出音を併せ持ったヴィンテージハカランダサウンドの魅力を存分にご堪能して頂けることでしょう。
 フレット及びサドルの高さにも余裕があり、ネック・コンディションも良好です。表板にはあとからへリーンボーントリムが入れられており、ボディーにはリフィニッシュが施されております。その他表板右下部に一箇所クラック補修跡有り。指板はオリジナルですが、ポジションマークはドットからダイヤモンドインレイへ改造がなされております。ピックガードはオリジナルでマーティンクラックもなく、その他エンドピンジャック加工跡やネックヒールへのストラップピン装着はございません。オリジナル・チューナー、ピックガード、ブリッジ。ハードケースが付属致します。
 ヴィンテージ市場において流通の稀なプレイヤーズコンディションによる逸品。鳴りの良いおすすめの一台です。