Hobo'sトップ 在庫情報 店舗情報 注文方法 CDとその他の商品 リンク
 
    
MARTIN OOO-18
( 1949 )
\550,000 (税込\594,000)
 
拡大して見たい部分(部分)
クリックして下さい。



↑ケースをご覧いただけます。


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

hobo@hobos-g.com
 
CONDITION: EX+++
 
TOP: Spruce
SIDE&BACK: Mahogany
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Brazilian Rosewood (Original)
BRIDGE: Brazilian Rosewood (Original)
ROSSETTE: Black and White Cell
PICK GUARD COLOR: Tortoise (Original)
POSITION MARK: Dots
TUNER: Kluson/ Open-Gear / Nickel (Original)
BRACING: Non Scalloped-X
NUT WIDTH: 42mm
SCALE: 632mm
OTHERS 1: T-Bar Neck Rod / Long Saddle
OTHERS 2: Lacquer Finish
OTHERS 3: Made In U.S.A
 
 1949年製 MARTIN OOO-18 が入荷致しました。OOO(トリプル・オー)サイズはドレッド・ノートが登場するまではマーティン社の中で一番大きいギターで、大変歴史のあるモデルとして知られております。OOOという名が初めて登場したのは1902年のことで、この時期はまだ特注のみのアイテムであり、正式にカタログにラインナップされたのは1911年のこと。また1990年代初頭のMTVアンプラグド・ブームによりOOOサイズが一躍脚光を浴び、その人気は衰えることなく今日まで至っております。
 本ギターは1949年に402台製作されたうちの一台で、コンディション良好な逸品です。側・裏板及びネックにはマホガニー、指板とブリッジにはこの年式ならではのハカランダと、今現在では入手困難とも言える貴重な最高級材が惜しげもなく使用され、ロングサドル及びTバーロッド仕様が採用されている点が特徴です。また特筆すべきはノン・スキャロップ・ブレーシング仕様からなるまとまりのあるサウンド。40年代製ならではのやや太めなネックを持つことから、後年式よりもパワフルに出る低音域とバランスの良い出音が印象的で、和音の美しさや高音域の響きは秀逸。年式ならではの音の太さと艶やかさが際立った素晴らしい出音に仕上がっております。また味わい深く変化した外観からなる魅力的なその佇まいと相俟って、製作から70年近くの長い歳月をかけて磨きあげられた格別のマーティン・サウンドを存分にご堪能して頂けることでしょう。
 フレット及びサドルの高さには十分余裕が有り、ネック・コンディションも良好です。左側板中央部に一箇所クラックがございましたが、当店工房にて補修済み。年式を考慮してもオリジナル性高くとても綺麗な外観を保ったコンディション良好な美品と言えるでしょう。オリジナル・チューナー、ピックガード、ブリッジ、フィニッシュ。汎用ハードケースが付属致します。
 マホガニートーンの銘器として誉高いOOO-18。コンディション良好なおすすめの逸品です。
 
 
     

Copyright(C) 2004 HOBO'S All Rights Reserved.