Inventory

MARTIN OOO-18 FRONT
MARTIN OOO-18 FRONT
MARTIN OOO-18 BACK
MARTIN OOO-18 1
MARTIN OOO-18 2
MARTIN OOO-18 3
MARTIN OOO-18 4
MARTIN OOO-18 5
MARTIN OOO-18 6
MARTIN OOO-18 7
MARTIN OOO-18 8
MARTIN OOO-18 CASE

MARTINOOO-18

1973

¥370,000 (税込:¥399,600)

CONDITION EXF
TOP: Sitka Spruce
SIDE&BACK: Mahogany
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Indian Rosewood (Original)
BRIDGE: Indian Rosewood (Original)
TRIM: Black and White Cell
ROSSETTE: Black and White Cell
PICK GUARD COLOR: Black (Original)
POSITION MARK: Dots
TUNER: Grover Rotomatic / Chrome (Original)
BRACING: Non Scalloped-X
NUT WIDTH: 42.5mm
SCALE: 632mm
OTHERS 1: SQ Rod Neck / Lacquer Finish
OTHERS 2: Made In U.S.A

商品詳細

 1973年製 MARTIN OOO-18 が入荷致しました。OOO(トリプル・オー)サイズはドレッド・ノートが登場するまではマーティン社の中で一番大きいギターで、大変歴史のあるモデルとして知られております。OOOという名が初めて登場したのは1902年のことで、この時期はまだ特注のみのアイテムであり、正式にカタログにラインナップされたのは1911年のこと。また1990年代初頭のアンプラグドブームによりOOOサイズが一躍脚光を浴び、その人気は衰えることなく今日まで至っております。
 本ギターは1973年に354台製作されたうちの一台で、コンディション良好な逸品です。表板にシトカ・スプルース、側・裏板及びネックには貴重なマホガニーが使用されており、現行品とは異なり反りに強いSQネック仕様となっていることが特徴と言えるでしょう。70年代後半からMTVブームを迎えるまでOOOサイズの製作台数は毎年少なく、中古市場においても流通の稀なギターの一つで、使用されているマホガニー材においては現在入手困難とも言える良質の材が採用されていることも特筆すべき点。製作から45年以上の長い歳月を経過した味わい深いマホガニーサウンドは勿論のこと、とても綺麗な外観を保っている素晴らしい個体です。オリジナル性高く綺麗な個体をお探しの方には特におすすめで、70年代マーティンの魅力を存分にご堪能して頂けることでしょう。
 フレット及びサドルの高さにも十分余裕があり、ネック・コンディションも良好です。表板には経年変化による日焼けが若干見られますが、目立つキズや打痕もなく、ピックガードもオリジナルを保っております。チューナーの銀メッキも綺麗に残っており、その他エンドピンジャック加工跡やネックヒールへのストラップピン装着もなく、一見してとても綺麗な外観を保ったコンディション良好な美品と言えるでしょう。オリジナル・チューナー、ピックガード、ブリッジ、フィニッシュ、ハードケース。当店工房にてネックリセット済み。
 マホガニートーンの銘器として多くのアーティストを魅了し続けるOOO-18。コンディション良好なおすすめの逸品です。