Inventory

MARTIN O-18 FRONT
MARTIN O-18 FRONT
MARTIN O-18 BACK
MARTIN O-18 1
MARTIN O-18 2
MARTIN O-18 3
MARTIN O-18 4
MARTIN O-18 5
MARTIN O-18 6
MARTIN O-18 7
MARTIN O-18 8
MARTIN O-18 CASE

MARTINO-18

1946

¥583,000(税込)

CONDITION EX
TOP: Sitka Spruce
SIDE&BACK: Mahogany
NECK: Mahogany (1-Pieace)
FINGER BOARD: Brazilian Rosewood (Original)
BRIDGE: Brazilian Rosewood (Original)
TRIM: Tortoise
PICK GUARD COLOR: Tortoise (Original)
POSITION MARK: Dots
TUNER: Waverly / Open-Gear / Nickel
BRACING: Non Scalloped-X
NUT WIDTH: 42mm
SCALE: 632mm
OTHERS 1: Lacquer Finish / Long Saddle / T-Bar Neck Rod
OTHERS 2: Head Plate Brazilian Rosewood / エンドピンジャック加工跡有り
OTHERS 3: Made In U.S.A

商品詳細

 1946年製 MARTIN O-18 が入荷致しました。O(シングル・オー)サイズはマーティンの中でも最も古くからあるサイズの一つで、その一号器は1854年まで遡ることができる歴史のあるモデルです。中でもO-18は1898年に発売され、1917年頃からベストセラーとなったことでも知られております。1970年代から徐々に減産されていきますが、根強い人気に支えられ近年までカスタムオーダーモデルとして製作されてきた息の長いモデルとしても知られております。
 本ギターは46年に500本製作されたうちの鳴りの良い一本で、抱えやすく高い演奏性が期待出来ることで近年高い人気を誇る貴重な逸品です。表板にシトカ・スプルース、側・裏板及びネックにはマホガニー、指板とブリッジには貴重なハカランダ、エボニーロッド仕様のネック及びロングサドル仕様が採用されている点が特徴で、とりわけマホガニー材は現在では入手困難と言っても過言ではない最高級材が使用されております。乾いていながらも透明感のある艶やかな音色は、バランスが良く中高音域は綺麗な出音に仕上がっております。エボニーロッド仕様の太めのネックからなるウォームなサウンドは、一音一音が太く味わい深いサウンドが印象的です。また製作から75年という長い歳月を経過して、近年式にはないいぶし銀の如く変化した渋い外観も大きな魅力。長時間弾いていても飽きのこないずっと傍らに置きたい愛器となってくれること必至のギターですが、鳴りの良い個体をお探しの方には特におすすめで、他にはない円熟のヴィンテージサウンドの魅力を存分にご堪能して頂けることでしょう。
 フレット及びサドルの高さには余裕があり、ネック・コンディションも良好です。表板ピックガード上部やサウンドホールには弾き削れがあり、全体的に経年変化や使用による日焼けやウェザーチェック、並びに打痕やキズが見られ、ボディーには複数箇所クラックがありますしたが、当店工房にて補修済み。その他ブリッジ修正跡有り。オリジナル・ピックガード、ブリッジ、フィンガーボード、フィニッシュ。糸巻きは交換されており、ハードケースが付属致します。エンドピンジャック加工跡有り。当店工房にてネックリセット済み。
 素晴らしい鳴りに仕上がった戦後間もない1946年製モデル。おすすめの逸品です。