Inventory

MARTIN O-18 FRONT
MARTIN O-18 FRONT
MARTIN O-18 BACK
MARTIN O-18 1
MARTIN O-18 2
MARTIN O-18 3
MARTIN O-18 4
MARTIN O-18 5
MARTIN O-18 6
MARTIN O-18 7
MARTIN O-18 8
MARTIN O-18 CASE

MARTINO-18

1961

¥660,000(税込)

CONDITION EX++
TOP: Sitka Spruce
SIDE&BACK: Mahogany
NECK: Mahogany (1-Piece / V-Shape)
FINGER BOARD: Brazilian Rosewood (Original)
BRIDGE: Brazilian Rosewood (Original)
TRIM: Tortoise
PICK GUARD COLOR: Tortoise (Original)
POSITION MARK: Dots
TUNER: Grover Open-Gear / Nickel (Original)
BRACING: Non Scalloped -X
NUT WIDTH: 42.5mm
SCALE: 632mm
OTHERS 1: Lacquer Finish / T-Bar Neck Rod
OTHERS 2: Head Plate Brazilian Rosewood
OTHERS 3: Made In U.S.A

商品詳細

 1961年製 MARTIN O-18 が入荷致しました。O(シングルオー)サイズはマーティンの中でも最も古くからあるサイズの一つで、その一号器は1854年まで遡ることができる歴史のあるモデルです。中でもO-18は1898年に発売され、1917年頃からベストセラーとなったことでも知られております。
 本ギターは61年に626本製作されたうちの一本で、抱えやすさと弾きやすさで高い人気を誇る逸品です。表板にシトカ・スプルース、側・裏板及びネックには貴重なマホガニー、及び指板とブリッジにはハカランダ、並びに反りに強いTバーロッドが採用されている点が特徴になります。とりわけマホガニー材は現在では入手困難と言っても過言ではない最良の材が使用されていることも特筆すべき点と言えるでしょう。素朴ですっきりとした音色は、バランスの良いウッディーな出音。抱えやすさと相俟って、心と体に心地よさを与えてくれる癒しの音色に仕上がっております。製作から60年以上の長い年月が経過して、近年式にはない味わい深く変化した外観とサウンドは大きな魅力。長時間弾いていても飽きのこないずっと傍らに置きたいギターで、マホガニーヴィンテージサウンドの魅力を存分にご堪能して頂けることでしょう。
 フレット及びサドルの高さにも余裕があり、ネック・コンディションも良好です。表板には経年変化による日焼けや弾きキズが見られ、ヘッド横のワインダーキズなど年式相応に使用感はございますが、マーティンクラックなどクラックはございません。ブリッジプレートには経年使用により補修跡がございますが、エンドピンジャック加工跡やネックヒールへのストラップピン装着はなく、オリジナル性高くコンディション良好な個体と言えるでしょう。オリジナル・チューナー、ピックガード、ブリッジ、フィンガーボード、フィニッシュ。ハードケースが付属致します。
 抱えやすく弾きやすい小粋なO-18。円熟のサウンドに仕上がったおすすめの逸品です。