Inventory

GIBSON Country & Western FRONT
GIBSON Country & Western FRONT
GIBSON Country & Western BACK
GIBSON Country & Western 1
GIBSON Country & Western 2
GIBSON Country & Western 3
GIBSON Country & Western 4
GIBSON Country & Western 5
GIBSON Country & Western 6
GIBSON Country & Western 7
GIBSON Country & Western 8
GIBSON Country & Western CASE

GIBSONCountry & Western

1968

¥300,000 (税込:¥324,000)

CONDITION VG++
TOP: Sitka Spruce
SIDE&BACK: Mahogany
NECK: Mahogany - Narrow (U-Shape)
FINGER BOARD: Brazilian Rosewood (Original)
BRIDGE: Brazilian Rosewood
PICK GUARD COLOR: Tortoise - Original-Shape (Original)
POSITION MARK: MOP Doble Parallelograms
TUNER: Kluson / Sealed-Back / Nickel (Original)
BRACING: Non Scalloped-X
NUT WIDTH: 39.5mm
SCALE: 626mm
OTHERS 1: Adjustable Saddle / Lacquer Finish
OTHERS 2: ネックヒールキャップ部ストラップピン装着済み / エンドピンジャック加工跡有り
OTHERS 3: Made In U.S.A

商品詳細

 1968年製 Gibson Country & Western が入荷致しました。サザン・ジャンボには54年にオプション・カラーとしてナチュラル・バージョンが発売されましたが、56年に初めてモデル名をカントリー&ウェスタンとして登場。60年に独立した機種として発売され、78年に生産中止となりました。現在では60年代のスクエアショルダー期のモデルを復刻したシェリルクロウ(*1)のシグネーチャーモデルなどが人気を博していることでも知られております。
 本ギターはスクエアショルダー/ナローネックに仕様による後期型で、サザンジャンボと比較しても中古市場における流通量が少ないことや、トップブランドのヴィンテージギターでありながら比較的お求めやすい価格で人気のあるギターです。ヘッドのクラウンインレイやダブル・パラレログラムの指板インレイが特徴のこの豪華モデルは、製作から50年以上の長い歳月を経過して成熟したサウンドで、ウッディな出音は秀逸。その乾いた音色は近年式には無い味わい深いものに仕上がっております。本個体はプロミュージシャンが長年愛用し百戦錬磨の如く弾き込まれており、鳴りの良い良い個体をお探しの方にはおすすめで、マーティンギターとは対極をなす良質のアメリカンヴィンテージサウンドの魅力を存分にご堪能して頂けることでしょう。
 フレット及びサドルの高さにも余裕があり、ネック・コンディションも良好です。サウンドホールやピックガード周辺には弾き削れが見られ、裏板には大きいバックルキズがございますが、ボディー内部のラベルは綺麗に残っております。ブリッジは交換されており、ブリッジプレートには貼り付けピエゾ装着後がございます。その他右側板ショルダー部に一箇所クラック補修跡があり、表板に加川良さんの直筆サインが入っております。オリジナル・チューナー、ピックガード、フィニッシュ。ハードケースが付属致します。後付けでネックヒールキャップ部ストラップピン装着済み。エンドピンジャック加工跡有り。当店工房にて一部リフレット及びナット製作交換済み。
 サザンジャンボと並び人気のC&W。弾き込まれて鳴りの良いなおすすめの逸品です。


 (*1)シェリル・クロウ・・・1962年2月11日生まれ。米ミズーリ州ケネット出身のシンガーソングライター/音楽プロデューサー。故マイケル・ジャクソンのバックコーラスや、ロッド・スチュワート、ドン・ヘンリー(イーグルス)などのレコーディング参加、エリック・クラプトンへの楽曲提供などの活動を経て1993年に『チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ』(Tuesday Night Music Club)でデビュー。このデビューアルバムは全世界で700万枚を超えるセールスを記録。これまでに世界で5000万枚のレコードセールスを記録し、9度のグラミー賞を受賞。これまでにソロ公演やジャクソン・ブラウンとのジョイント・ツアーで来日公演も果たしている。代表作品に『シェリル・クロウ』('96)、『グローブ・セッションズ』('98)、『カモン・カモン』('02)、代表曲に"オール・アイ・ワナ・ドゥ"、"ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト"(キャット・スティーブンスのカヴァー)、"エヴリデイ・イズ・ア・ワインディング・ロード"等多数。アメリカを代表する女性シンガーソングライターの一人である。