Hobo'sトップ 在庫情報 店舗情報 注文方法 CDとその他の商品 リンク
 
    
GIBSON J-45
( 1965 )
\398,000 (税込\429,840)
 
拡大して見たい部分(部分)
クリックして下さい。



↑ケースをご覧いただけます。


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

hobo@hobos-g.com
 
CONDITION: EX++
 
TOP: Sitka Spruce
SIDE&BACK: Mahogany
NECK: Mahogany (U-Shepe)
FINGER BOARD: Brazilian Rosewood (Original)
BRIDGE: Brazilian Rosewood (Original)
PICK GUARD COLOR: Tortoise / Original-Shape (Original)
POSITION MARK: Dots
TUNER: kluson / 3-on-plate / White Button (Original)
BRACING: Non Scalloped-X
NUT WIDTH: 42.9mm
SCALE: 626mm
OTHERS 1: Adjustable Saddle / Cherry Sunburst Finish
OTHERS 2: ネックヒール部ストラップピン装着済み
OTHERS 3: Made In U.S.A
 
 1965年製 GIBSON J-45 が入荷致しました。1947年にJ-45のナチュラルバージョンとして発売されたJ-50。ジェイムス・テイラー(*1)や初期のボブ・ディラン を支えた名器としてあまりにも有名な人気のあるモデルで、国内においても多くのプロミュージシャンのレコーディングやステージで愛用されております。(国内使用ミュージシャン:鈴木康博氏(元オフコース)、吉川忠英氏、佐橋佳幸氏(山弦)、伊勢正三氏、仲井戸麗市氏、中野督夫氏(センチメンタル・シティ・ロマンス)、伊藤大介氏(元Something Else)、大橋卓弥氏(スキマスイッチ)他多数、順不同。)
 本ギターはナローネックに変更になる過渡期の1965年に製作されたモデルで、60年代前期仕様のネックを持つ人気の逸品です。インパクトのあるプラスティック製の厚型ラージピックガードや貴重なハカランダ指板とブリッジが採用されていることなどが特徴となっております。掻き鳴らして弾くとワイルドで乾いた音色で、コードサウンドのまとまりと歯切れの良い出音が秀逸。製作から50年以上の長い歳月を経過し、かつ弾き込まれて熟れたボディーからなる音色は、ウッド感に満ち溢れた乾いた出音。とても良く鳴っている個体に仕上がっております。マーティンギターと対極をなす他には無い格別のヴィンテージサウンドの魅力を存分にご堪能して頂けることでしょう。
 フレット及びサドルの高さにも余裕があり、ネック・コンディションも良好です。サウンドホールには一部弾き削れがあり、年式相応にウェザーチェックなどがございます。その他サイドジャック穴埋め跡やブリッジに補修跡が見られますが、エンドピンジャック加工跡はなく、クラックはございません。表板のチェリーサンバーストは経年変化により褪色しております。オリジナル・チューナー、ピックガード、ブリッジ、フィニッシュ。チップボードケースが付属致します。後付けでネックヒール部ストラップピン装着済み。当店工房にてナット製作交換済み(牛骨)。
 多くのミュージシャンが魅了されたJ-45。鳴りの良いおすすめの名器です。
 
 
     

Copyright(C) 2004 HOBO'S All Rights Reserved.