Inventory

YAMAHA NCX-2000R ARE FRONT
YAMAHA NCX-2000R ARE FRONT
YAMAHA NCX-2000R ARE BACK
YAMAHA NCX-2000R ARE 1
YAMAHA NCX-2000R ARE 2
YAMAHA NCX-2000R ARE 3
YAMAHA NCX-2000R ARE 4
YAMAHA NCX-2000R ARE 5
YAMAHA NCX-2000R ARE 6
YAMAHA NCX-2000R ARE 7
YAMAHA NCX-2000R ARE 8
YAMAHA NCX-2000R ARE CASE

YAMAHANCX-2000R ARE

2009

¥220,000(税込)

CONDITION EX++
TOP: えぞ松単板 (A.R.E)
SIDE&BACK: Solid Indian Rosewood
NECK: Mahogany (U-Shape)
FINGER BOARD: Ebony (Original)
BRIDGE: Ebony / Rosewood (Original)
TRIM: Wood
ROSSETTE: Pearl / Wood - Original Design
PICK GUARD COLOR: Non
POSITION MARK: Non
TUNER: Gotoh / Side-Mount / Gold (Original)
NUT WIDTH: 52mm
SCALE: 650mm
OTHERS 1: Venetian Cutaway / Wood Binding (Maple)
OTHERS 2: PU標準装備 (SYSTEM 61)
OTHERS 3: Hand Crafted Guitar / Made In JAPAN / 生産完了品

商品詳細

 2009年製 YAMAHA NCX2000R ARE が入荷致しました。NXシリーズはナイロン弦ギターのサウンドの特徴である『やわらかく、丸みのある音色』をそのままにラインアウトできる新感覚のエレクトリックナイロンストリングギター。 中でもNCX2000Rは2009年8月に発売されたシリーズトップモデルとして知られております。
 本ギターはNXシリーズにおけるトップモデルで、コンディション良好な逸品です。手工ギターの製作技術とA.R.T.ピックアップシステムが融合したクラシックギターの演奏感覚を備えたNCXシリーズの中でも本器は側・裏板にローズウッド単板を使用し、トラディショナルなナイロン弦サウンドを実現。更に特筆すべきはA.R.E(※1)処理を施したえぞ松単板を採用していること。各弦しっかりとした太いサウンドにより円熟感が増している印象で、レスポンスの良い出音に仕上がっております。またピックアップには新開発のピックアップ&プリアンプシスム"A.R.T(Acoustic Response Tranceducer)/ SYSTEM 61"を採用。ナイロン弦ギター用に開発されたピックアップシステムで、指弾きからピック弾き、パーカッシブなフラメンコスタイルでのプレイまで、様々な奏法でのサウンドを忠実にラインアウト致します。ライブステージからレコーディングにおける幅広い環境で自然な演奏音を届けることが可能となっており、まさにプレイヤーのための優れたギター。ポップスからフラメンコなど、様々な音楽ジャンルにおいて活躍してくれること必至で、ハイエンドエレガットサウンドの魅力を存分にご堪能して頂けることでしょう。
 フレット及びサドルの高さにも十分余裕があり、ネック・コンディションも良好です。表板には経年変化による色やけがうっすらと見られ、サウンドホール周辺や裏板、左側板には小キズがいくつかございます。表板カッタウェイ部に一箇所生地まで達しない小打痕がございますが、その他目立つキズや打痕、クラックはございません。使用感はございますが、ネック裏やヘッド部は綺麗な外観を保っており、オリジナル性高くコンディション良好な個体と言えるでしょう。オリジナル・チューナー、ブリッジ、フィニッシュ、ピックアップシステム、専用セミハードケース。当店工房にてピックアップシステム正常動作確認済み。
 手工技術と最新テクノロジーの魅力に溢れるハイエンドエレガットモデル。惜しまれつつ生産終了したおすすめの逸品です。メーカー希望小売価格\418,000-(税込)。

 
 (*1)A.R.E・・・温度、湿度、気圧を高精度に制御することにより、木材に物性的変化を与えるヤマハ独自の木材改質技術"アコースティック・レゾナンス・エンハンスメント"の略称。この最新技術が施された表板を採用したモデルは、20年から30年を以上弾き込んだような熟成された温かみのあるサウンドが得られる。音の伝達と振動効率を上げ、中低音成分の伸びの促進と高音成分の立ち上がりや減衰の高速化を実現。最新の設備を持つ天竜工場の専用装置で行われている。