Inventory

John How Guitars XBGC Mahogany FRONT
John How Guitars XBGC Mahogany FRONT
John How Guitars XBGC Mahogany BACK
John How Guitars XBGC Mahogany 1
John How Guitars XBGC Mahogany 2
John How Guitars XBGC Mahogany 3
John How Guitars XBGC Mahogany 4
John How Guitars XBGC Mahogany 5
John How Guitars XBGC Mahogany 6
John How Guitars XBGC Mahogany 7
John How Guitars XBGC Mahogany 8
John How Guitars XBGC Mahogany CASE

John How GuitarsXBGC Mahogany

2013

¥275,000(税込)

CONDITION EX+++
TOP: Adirondack Spruce
SIDE&BACK: Mahogany
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Brazilian Rosewood (Original)
BRIDGE: Brazilian Rosewood (Original)
TRIM: Wood
PICK GUARD COLOR: Non
POSITION MARK: Dots - Wood
TUNER: Waverly / Open - Gear / Gold (Original)
BRACING: Scalloped-X
NUT WIDTH: 46mm
SCALE: 643mm
OTHERS 1: 12 Fret Joint /Slotted Head /Wood Binding (Walnut)
OTHERS 2: Lacquer Finish-Antique Sunburst Color/ PU装備 (Misi)
OTHERS 3: Hand Made Guitar / Made In U.S.A

商品詳細

 2013年製 John How Guitars XBGC Mahogany が入荷致しました。米北カリフォルニア州在住の個人製作家ジョン・ハウ氏は、初期のブルースやルーツミュージックに使用されていたステラ等のサウンドを好み、『古いヴィンテージギターのサウンドで演奏性に富んだギター』を目指し製作しております。1970年代にバイオリン製作を学び、86年よりアコースティックギターの製作を開始。2000年よりカリフォルニア州クールに引っ越し現在の工房を開設し、スモールギターとミディアムサイズのギターを中心にフルタイムにて製作を致しております。
 本ギターはXBGC(Xブレーシング/グランド・コンサートボディー)と呼ばれる12フレットジョイント/スロッテッドヘッド仕様モデルで、中古市場において流通の稀な逸品です。表板にアディロンダック・スプルース、ボディー全体を赤みを帯びた美しいサンバースト・フィニッシュ、及びウォルナットによるウッド・バインディングが施されている点が特徴になります。更に特筆すべきは小型のギターながらロングスケールが採用されていること。とても相性の良いアディロンダック/マホガニーによる組み合わせと『古いヴィンテージギターのサウンドで演奏性に富んだギター』のコンセプトと相俟って、新しい楽器ながらも円熟味の雰囲気を醸し出したオールドフレーバー溢れるものとなっております。ネック形状も厚みはございますがヴィンテージの同系機種のVネックと比較して、現代的にアレンジされたU字仕様となっていることも特筆すべき点。人とはかぶらない楽器をお探しの方にもおすすめで、美しい外観美を伴ったアメリカン手工サウンドを存分にご堪能して頂けることでしょう。
 フレット及びサドルの高さにも余裕が有り、ネック・コンディションも良好です。サウンドホール周辺の弾きキズも光の加減で僅かに薄く見える程度でほとんどなく、その他打痕やクラックもございません。裏板上部にうっすらと塗装負けが見られるほか、ネックヒールへのストラップピン装着やエンドピンジャック加工跡もなく、使用感少なめで綺麗な外観を保ったコンディション良好な個体と言えるでしょう。オリジナル・チューナー、ブリッジ、フィニッシュ、ハードケース。後付けでMISIピエゾピックアップ装着済み。当店工房にてネックリセット済み(それに伴いリフレット及び牛骨にてサドル製作交換済み)。
 ルーツミュージックに根ざして製作されるジョン・ハウ氏の手工品。流通の稀なおすすめの逸品です。